ミュージシャンになりたいと思ったことはありますか?今もその願いは変わっていませんか?趣味レベルではなく、プロのアーティストとして活躍したいでしょうか?それなら、レコード会社と契約する必要があります。

レコード会社とは

そもそもレコード会社とは何なのでしょうか?レコード会社とはその名の通りレコード、つまりアーティストの楽曲を録音する会社です。もっと正確に言うと、楽曲を録音する権利をアーティストから譲り受け、録音した作品を販売する会社ということになります。通常アーティストはレコード会社と専属契約を結ぶため、本人を含めその他の個人および会社は、基本的にそのアーティストの楽曲作品を売ることはできません。つまりアーティストとして生活する上でレコード会社との契約は欠かせないのです。